アイス棒工作でフォトフレームを手作りしよう!小学生向け

Pocket

写真の整理に悩んでいませんか?

思い出に残る写真や記念の写真は飾っておきたいけど、ちょうどよいサイズの写真たてがないことってありますよね。

今回はアイスの棒を使って作る「フォトフレーム」の作り方の紹介です。

スポンサーリンク

アイス棒フォトフレームは小学生でも簡単に工作できます

アイスの棒を使った木製のフォトフレームは、小学生でも簡単に工作できるので一緒に楽しみながら作るといいですよ。

用意するもの

  • アイスクリームの棒
  • 木工用ボンドまたはグルーガン
  • はさみ
  • 好みのデコレーション
スポンサーリンク

アイス棒フォトフレームの作り方手順と工程

1.アイスの棒を写真のように2本横に並べます。

 

2.①で並べた2本の棒の左右に木工用ボンドなどでのり付けします。

 

3.②で糊付けした位置に縦にアイスの棒をのり付けます。

 

4.次に③で縦に張り付けたアイスの棒の上下に、下の横棒と少しずれるようにのりを付けます。(写真参照)

 

5.④でのり付けした位置で横に棒を置いていきます。下の棒と少しずれています。(写真参照)

 

6.貼り付けた部分がある程度固まってきたら、フレームをそっと裏返して写真のようにのりを付けます。

 

7.ガーゼ状の布製の飾りをつけます。

表から見ると写真のように見えます。

 

8.好みのデコレーションを飾って出来上がりです。

 

9.紐は後ろ側にグルーガンを使って付けました。

 

スポンサーリンク

アイス棒フォトフレームのデコレーションを楽しもう

アイス棒フォトフレームは、コツが必要なく子供でも簡単にできちゃいます。

ここではシンプルなカラーのアイス棒で作りましたが、赤や緑色、黄色など好きな色を塗ってから組み立ててもカラフルで楽しいですよ。

個性に合わせてデコレーションを変えたり、子供に好きなようにデコレーションしてもらっても良いでしょう。

また、裏面にカーゼ状の布製のものを貼り付けましたが、透明なプラスチックを代わりに付けたり、写真の汚れを防ぎたい時は、表側にプラスチックをつけると良いでしょう。

接着剤に使用したのは、木工用ボンドですがグルーガンを使うと作る時間が短縮できるので、たくさん作りたい方はグルーガンがおススメです。

子供の成長に合わせて何個か作って縦に連ねて飾っても良いですね。

スポンサーリンク

アイス棒フォトフレームの作り方|まとめ

今回はアイスの棒を利用した、手作りのフォトフレームの作り方紹介しました。

たくさん撮った写真の中から「これだけは飾っておきたい」という写真があれば、手作りの写真フレームに飾ってくださいね。

オリジナルのフォトフレームを作りながら、思い出話に花が咲きそうですね。

タイトルとURLをコピーしました