じゃがいもスタンプの作り方|包装紙やタグを手作り

Pocket

クリスマスといえば「プレゼント」も楽しみのひとつですね。

プレゼントを包む包装紙は、市販で購入でき便利ですが、間近になって包装紙が足りない時や、「ギフトタグを買い忘れた!」という時は手作りの包装紙を作るのも良いでしょう。

今回はじゃがいもスタンプで作るタグや包装紙を紹介します。

スポンサーリンク

ギフトは手作り包装紙やタグをつけて送るのがオススメ

好みに合わせて用紙の色を変えたり、ラメを散りばめるのも良いでしょう。

用意するもの

  • じゃがいも
  • 包丁やナイフ
  • まな板
  • 絵具、筆
  • 白い用紙など
  • リボン
  • はさみ
  • 穴あけパンチ

「じゃがいもでスタンプを作った経験がある」という方もいるのではないでしょうか。簡単なデザインなら直ぐにできて、オリジナルのスタンプに変身です!

刃物を使うので、お子さんはお家の人と一緒に作るようにしてくださいね。

では、早速作り方を見ていきましょう。

スポンサーリンク

じゃがいもスタンプの作り方

1.じゃがいもを半分に切ります。

 

2.半分に切ったじゃがいもの表面にクリスマスツリーの図を書きます。(写真参照)

 

3.描いた絵に沿って、包丁で切り取ります。

 

4.木を切り抜いたら、幹も同じように切り抜きます。

 

5.赤色や緑色など絵に合わせた絵の具を用意します。今回はクリスマスにちなんで、赤と緑を中心に使いました。

 

6.絵の具でじゃがいもに色をつけていきます。

 

7.絵具が乾く前に紙に、使いたい紙にスタンプを押せば出来上がりです。

 

スポンサーリンク

じゃがいもスタンプを作ってみんなで楽しもう

じゃがいもを切り抜くときは、小さめのナイフを使った方が切りやすいです。ナイフがない時はカッターも代用できるのでた試してみてくださいね。

使う用途に合わせて、大きな用紙にスタンプを押したり、タグにスタンプを押し上部にリボンを通せば、ギフトタグに早変わりです!

ひとつのスタンプで二つの用途に使うことができるので、プレゼントの大きさに見合う包装紙がない時はオリジナルの包装紙が作れますよ。

また、使い方によっては本のしおりにもなるので、作り方を知っておくと便利です♪

じゃがいもに色を塗る時は、少なめの水で絵の具を溶かした方が、しっかりと色がつき仕上がりがきれいですよ。

色を変えたい時は、水洗いすれば別の色を使うことができます。

白い用紙でなくても、カラーペーパーやラメを散らすことで、華やかな雰囲気になりますよ♪

スポンサーリンク

じゃがいもスタンプの作り方|まとめ

今回はじゃがいものスタンプの作り方を紹介しました。じゃがいもは各家庭で保存していることもあり、気軽に作れるのも良いですね。ギフトタグを手作りにすれば心のこもった贈り物に喜ばれるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました