天使を紙で立体的に作る方法|手作りクリスマスエンジェルを飾ろう

Pocket

クリスマスが間近に迫ってきましたね。クリスマスツリーを出し始めた家庭も多いのではないでしょうか。

クリスマスツリーといえば、ツリーのてっぺんに飾る天使の存在は欠かせませんね。

手作りの天使を作って、皆を驚かせちゃいましょう。

スポンサーリンク

クリスマスエンジェル(天使)を手作りしてツリーに飾ろう

この章では天使の作り方を紹介しますが、他にもクリスマスキングやサンタクロースなど、クリスマスにちなんだキャラクターを作ってもよいですね♪

本体に使う用紙は、A4 サイズの用紙を使いました。

用意するもの

・色紙用紙(白色、黄色、肌色など)

・はさみ

・のり、セロテープ

・ペン

スポンサーリンク

天使を紙で立体的に簡単に作る方法

天使の本体を作ったら、エンジェルの顔や翼など各パーツを作っていきましょう。

髪の毛を毛糸で作ると本格的になりますよ。♪

1.色画用紙を写真のように円錐形に丸めます。

 

2.丸めたら後ろの部分をセロテープや糊を貼って固定します。

 

3.次に頭の部分と足の部分になる上下の部分をはさみで切ります。

 

4.切ったものが写真のようになります。

 

5.次にエンジェルの腕の部分を作ります。腕に使用する用紙を二つ折りにして、写真のように腕を描きます。

 

6.はさみで切ると写真のような状態になるので、背中の部分にのり付けをします。腕をのりで貼り付ける前に、指を書いて糊付けしましょう。先に貼っておくことで作業がスムーズです。

 

7.翼や髪の毛、天使の輪など必要な部分を描き、貼り付ければエンジェルの出来上がりです。

 

スポンサーリンク

天使はアイデアで色々なキャラクターができちゃいます

天使はクリスマスツリーのてっぺんに付けても良いですし、大きさを工夫すればツリーのところどころに飾ることもできますね♪

難しそうに見えますが、クリスマスエンジェルは簡単に作れちゃうので挑戦してみてくださいね。

エンジェルの翼の部分に光沢のある「ラメ」をまき散らしたり、実際に羽を使って飾るのも雰囲気がでますよ。

ここでは、エンジェルの本体を白色の用紙で作りましたが、銀色用紙を使ったり、顔や手を肌色で作っても良いでしょう。

作り方のパターンを覚えてしまえば、他のキャラクターも作れるので、子供と相談して作るのも良いでしょう。

 

スポンサーリンク

天使を紙で立体的に作る方法|まとめ

今回はクリスマスツリーに欠かせない、紙で作る天使の作り方を紹介しました。

クリスマスツリーが寂しい時や、何か物足りない時にはクリスマスエンジェルを作ってはいかがでしょうか。

簡単です殺風景だったツリーも華やかな雰囲気になるに違いありませんね♪

 

タイトルとURLをコピーしました