ペットボトルでブタさん貯金箱の作り方|子供の工作

Pocket

貯金箱にはさまざまな形がありますが、貯金箱といえば豚をイメージしませんか?

ペットボトルを使うとカンタにブタの貯金箱ができるんですよ。

子供の頃に貯金をした経験のある方は多いかと思いますが、可愛らしい形をした貯金箱ならお金を貯めるのも楽しそうですね。

今回はペットボトルを利用した豚の貯金箱の作り方を紹介します。

簡単ですので子供と一緒に工夫して作ってみると楽しいですよ。

 

スポンサーリンク

ペットボトルがブタさん貯金箱に変身

作る時は、あらかじめペットボトルを洗っておきましょう。直前に洗っても乾かす必要はありません。二つに切ったときに、中身を拭くことができます。

用意するもの

  • ペットボトル
  • ペットボトルのキャップ(蓋)
  • ハサミ
  • カッター

デコレーション用

好みの形を考えて、必要なものを用意しましょう。

  • 目玉
  • モール
  • ハート形の飾り

 

スポンサーリンク

ペットボトルでブタさん貯金箱の作り方の手順と工程

1.豚の本体を作ります。ペットボトルをはさみやカッターで二つに切り取ります。

 

2.二つに切り分けたら、一つは頭の部分に、もうひとつは胴体に使います。

 

3.頭部と胴体の両方を一度、つなぎ合わせて形を確認しましょう。

 

4.確認したら、胴体と頭部を外します。胴体の部分にコインの挿入口をつくりましょう。

 

5.コインの挿入口を作ったら、広めのテープで周囲を貼り付けます。コインの挿入口はふさがないようにしましょう。

 

6.モールを使ってしっぽを作ります。モールを指やボールペンに巻き着付け外すと、くるくるっとしたしっぽが作れますよ。

 

7.仕上げにペットボトルのキャップを四つ付けて足を作り、鼻の穴をペンで描き目玉と耳、しっぽをつけて貯金箱の出来上がりです。

 

スポンサーリンク

ペットボトルでブタさん貯金箱の作り方のポイントや感想

ペットボトルのサイズは好きなサイズを用意してくださいね。

たくさんお金を貯めたい方は、大きめのものを用意すると貯蓄が増えて楽しみですね♪

ボトルを切る時は、ちょっとだけ力が必要なので、小さいお子さんは親御さんに切ってもらうと安心ですね。

また切り口は、鋭いことがあるので、手を切らないように慎重に作業を進めましょう。

豚の胴体にフエルトや色紙用紙を使ってカバーしたり、色を塗るのも良いですね。

可愛い豚の貯金箱なら楽しくお金が貯められますね♪

アイデアでいろんな形の貯金箱を作るのも楽しいですよ。

スポンサーリンク

ペットボトルでブタさん貯金箱の作り方のまとめ

今回は豚の貯金箱の作り方紹介しました。

思ったより簡単にできたので、子供の夏休みなどの課題にも最適ですよ。

ペットボトルにはいろいろな形があるので、それぞれの形で何を作れるか考えるのも楽しいですね。

タイトルとURLをコピーしました