クリスマスリースを手作り|超簡単コットンリースの作り方

Pocket

クリスマスが間近に迫り、ほとんどの家庭ではクリスマスツリーを出し始めたのではないでしょうか。クリスマスの主役とも言えるツリーですが、クリスマスリースもかかすことができません。今回は手づくりで超簡単にできるコットンリースの作り方を紹介します。

スポンサーリンク

クリスマスリースは手作りコットンリースがオススメ

リースに付ける飾りは、クリスマスツリーの一部を借りて飾ったり、折り紙で星やサンタクロース、靴下など折って飾るのも更に手作り感が出ますよ。

用意するもの

  • 白い色画用紙(厚めの用紙)
  • コットン(綿)
  • コンパスまたは、円形の容器
  • はさみやカッター
  • 接着剤など
  • リボン
  • デコレーション用の飾り

リースの本体部分は白の色画用紙、または厚紙や段ボールの切れ端なども利用できます。色画用紙が手元にない時は、こういったものを利用するのも良いでしょう。
また、土台となる用紙は硬めのしっかりした素材の方が仕上がった時に安定します。

スポンサーリンク

コットンリースの作り方

1.白い色画用紙に、二重の円を描きます。コンパスが便利ですが、コンパスがない時は大小大きさの違う円形の容器を利用して円を描くことができます。

2.描いた円を線に沿って、はさみやカッターで切り取ります。

3.描いた円に合わせて、適当な大きさにコットンを丸めます。必要な個数を丸めましょう。

4.コットンを丸めたら、円を描いた用紙に接着剤などをつけて、丸めたコットンを置いていきます。用紙が隠れるように工夫して貼り付けましょう。

5.リボンを付けて、好きなようにデコレーションすれば出来上がりです。

スポンサーリンク

手作りコットンリースは超カンタンでふわふわ雪のようです

クリスマスツリーの作り方は良く聞きますが、リースの作り方ってあまり聞かないように思います。

作り方があったとしても本格的で複雑なため、材料を揃える段階で作るのが面倒になってしまいますよね。

このコットンリースなら簡単なので、子どもでも簡単に作れるのがうれしいですね♪
綿を丸めて台紙に貼り付ける部分は、用紙の部分が隠れるように親御さんが手伝ってあげても良いですね。

手作りのコットンリースを窓辺に飾ると、クリスマスらしい雰囲気が演出されますよ♪

スポンサーリンク

クリスマスリースを手作り|まとめ

今回は手づくりのコットンリースの作り方を紹介しました。家にあるもので簡単にできるので、わざわざ購入する必要がありません。

好きなデザインでクリスマスリースを手作りするのも楽しいですし、市販品と比べて愛着がわくものです。

今年のクリスマスは、心のこもった手作りコットンリースで部屋をいろどりましょう。

タイトルとURLをコピーしました